メインイメージ

生活習慣病の予防にローヤルゼリー

現代人は、生活習慣の乱れで多くの疾患を患いやすい体質になりがちです。
そうした習慣が進行して、ゆくゆくは生活習慣病を患ってしまう人が非常に増えています。
生活習慣病とは、肥満、高血圧、高脂血症などの脂肪異常(メタボリックシンドローム)の他、糖尿病、心臓病、脳卒中などの恐ろしい病気までを指し、日本人の死因の約6割を生活習慣病が占める時代になっています。
生活習慣病の原因として、食生活の欧米化、飲酒、運動不足、ストレスの慢性化などが挙げられます。

今や、各健康診断ではメタボリックシンドロームの診察項目があるほどで、健康上の大きな問題となることは、多くの人が知っています。
しかし、そうした認識をしていながら、実際にかかってしまう人は、予防を行っていなかったり、知らず知らずのうちに症状が進行していることがほとんどです。
現代病の恐ろしい症状である生活習慣病を防ぐためには、適度な運動や食生活、ストレスの軽減など、しなければいけないことが山ほどあります。

少しずつ対策していくことが大切です。
ローヤルゼリーは、そうした課題をたくさん抱えた現代人の補助栄養食品として大変効果があります。
ローヤルゼリーに含まれる、「10-ヒドロキシデセン酸(一般にはデセン酸)」は糖分の代謝を助けてくれる働きがあります。

そのため、血中のコレステロール値を下げ、インシュリンの分泌を促します。
デセン酸そのものが、インシュリンと似た作用を持っているとも言われます。
つまり、血糖値のコントロールを行ってくれるため、糖尿病にならない体質作りに貢献します。
さらに、動脈硬化などの血液の糖分が多いことによる疾患も防げます。

デセン酸が多く含まれるローヤルゼリーが良い品質と評価されるのも納得できるでしょう。
また、アセチルコリンという成分は、自律神経の働きを正常にし、アドレナリンの分泌を抑え、血圧を安定させます。
ストレス社会の現代、アドレナリンの分泌異常で血圧が上がる症状もありますが、自律神経のバランスを保てば、血圧を保つことができます。

ローヤルゼリーには生活習慣病予防効果など、健康の味方です。
ただ、愛飲しているだけでは、生活習慣病は未然に防げません。
摂取しながら、規則正しい生活と、適度な運動、そしてストレスをためない日常生活を心がけましょう。
40種類以上の成分も入っているローヤルゼリーを是非はじめてみませんか。

トップに戻る