メインイメージ

ローヤルゼリーとはちみつの違い

ローヤルゼリーという言葉を聞いたとき、皆さんは最初に何を思い浮かべるでしょうか?
多くの人はミツバチや、蜂蜜ではないでしょうか。
ローヤルゼリーは、原料としては蜂蜜の中に含まれている成分として知られています。

蜂蜜は、ミツバチ(働き蜂)が巣に運んできてできる、花粉と花蜜を貯蔵してできた液体です。
働き蜂は、日々、このために外で仕事をしてくる度に、巣の中で女王蜂や巣全体を守るために蜂蜜を生成します。
ミツバチは、花粉や花蜜を食して、それを腸で吸収します。

その結果、体内で吸収・合成された物質を咽頭腺という体の一部から分泌した生成物が「ローヤルゼリー」のことです。
一方、花蜜を食した後に胃で消化し、糖分(ブドウ糖など)体内で分解し、巣に戻した生成物が蜂蜜です。
これが熟成されて、良質の蜂蜜ができるというわけです。
似ているようですが、実は二つは素材も異なれば見た目も香りも異なっています。

http://www.avalonlive.com/36ita.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーは乳白色のクリーム状で、酸味があることで知られていますが、ハチミツは透き通っており、糖質でできた甘さが特徴的です。
味にも反映しているように、ローヤルゼリーとハチミツの成分のうち、大きく異なっている点といえば糖質です。
ローヤルゼリーが糖質10%であるのに対し、ハチミツは糖質を78%も含んでいます。
特別高級品と言われるのは、糖質がわずか10%でありながら、豊富な栄養分が含まれている点です。

脂質のほかに、たくさんのタンパク質やミネラルをバランス良く含んでおり、水分や栄養の維持似も優れています。
ローヤルゼリーは、蜂の巣の中でも女王蜂に献上されることが知られています。
そのため、寿命の短い働き蜂とは裏腹に、女王蜂は長生きするんですね。

蜂蜜も体に良いとされ私たちも日常取り入れている食品ではありますが、ローヤルゼリーほどではありません。
美容と健康に良いとされ、いまや世界で愛飲されているのですが、 もともとは、ヨーロッパで養蜂家やミツバチ・蜂蜜の研究家が研究を重ね、その効果について実証されてきました。

しかし最初に使用されていたのは、わたしたちが実際に知る由もない、古代のアリストテレスや、クレオパトラの時代でした。
美容と長寿のために愛されているローヤルゼリーの効能は、未病を防ぐ役割をになう、とても重要なものです。
蜂蜜の歴史に恩恵を受け、発掘されたローヤルゼリー。
ミツバチは、人間によいものまで集めてくれる貴重な生き物なんですね。
またこちらhttp://buffaloridgefarm.com/zimulti.htmlのサイトにもより詳しく違いについて掲載されています。

トップに戻る