メインイメージ

妊娠中や授乳中に飲んでも大丈夫?

基本的にローヤルゼリーは、妊娠中や授乳中でも飲んでも問題はないとされています。
しかし、最近では、ローヤルゼリーの妊娠中や授乳中の安全性については、正確なバックデータがありませんが、摂取を避けるべきであるとの記載も見受けられます。
万が一、が起こらないようなリスク管理のためです。

妊娠中には、自分の栄養はおろか、赤ちゃんが必要とする栄養にも十分な配慮が必要です。
そのために、ローヤルゼリーに入っている豊富なタンパク質やビタミン、ミネラルなどが補助食品としてとてもサポーティブな役割をしてくれます。
お腹の赤ちゃんには、ダイレクトに母親の栄養素が行き届くので、日頃から食生活には気をつけていても、二人分の栄養素は、とってもとりきれないのが現状です。
そうした、食事での不足を補う点では、サプリメントは効果覿面です。

また、妊娠中は、女性ホルモンの乱れも生じます。
女性ホルモンであるエストロゲンの不足が生じるからです。
それにより様々な変化とたたかうことになりますので、初産の慣れない女性は特に、精神面での不安定が起きたりします。

心身の安定をはかることも、母親としては重要な役目。
ローヤルゼリーにはデセン酸という特有成分が含まれており、女性ホルモンに近いはたらきをしますので、ホルモンバランスの調整に役立ってくれます。
そのため、妊娠中に摂取することで、多くの女性が精神的負担から救われているというケースもあるのです。

健康な胎児の発育には、ストレス軽減が最も大事です。
これは、授乳中でも同様に、乳幼児が母親の栄養をもらって発育している限りは、直接的に母親の体の状態が子供にも反映します。
そのため、母親がまずストレスのない健康を保っていなければなりません。

ただ、万が一、というのは、そうした変化が起きやすい時期に、些細なことで過敏に体が反応する可能性がゼロではないということ。
食物によってアレルギーが出たり、胎児に影響が出ることもありうるわけです。
そうした予防医学的視点から、体を第一に考えた健康とはどういうことか見直されていることも事実。
妊婦中、授乳中は、あらゆるリスクから解放してあげることも一つの大切な視点です。
医師の相談の上で摂取してください。
また、ローヤルゼリーは不妊にも効果的だそうです。

トップに戻る