メインイメージ

ローヤルゼリー特有成分デセン酸について

昔から健康食品として人気を集めているローヤルゼリーには多くの有用成分が含まれています。

成分の中でも特に注目すべきローヤルゼリーの成分は「デセン酸」です。
デセン酸は、ローヤルゼリー特有の成分で抗酸化作用や抗菌作用をはじめ皮脂分泌調整作用などに優れた効果があります。
そして近年患者数が増加傾向にある生活習慣病の一つ糖尿病の改善作用をもたらすインスリンと同様の効果があるといわれています。

インスリン同様の作用をもたらす「インスリン様作用」は血糖値を下げる効果があります。
糖尿病は膵臓で作られるインスリンがうまく分泌されないことで発症する疾患です。
通常は病院やご自宅などでインスリン注射を摂取し血糖値をコントロールします。
糖尿病が原因で併発する合併症状の予防や糖尿病の改善にも繋げていきます。

このインスリン注射と同様の効果をもたらすのがローヤルゼリーに含まれているデセン酸「インスリン様作用」になるのです。
そしてこの自然由来の天然成分であるデセン酸を摂取できるのはローヤルゼリーのみです。
つまり、ほかの成分にはデセン酸は含まれていません。
そのため、摂取方法にも特徴があります。

通常の健康食品の飲み方はタブレットや錠剤などを水で流し込みますが、ローヤルゼリーの場合は口の中で溶かしながら摂り込んでいく飲み方が推奨されています。
溶かした際に、独特の苦みがありますがこの苦み成分がデセン酸の味の特徴なのです。
この他にも優れた効果を有するローヤルゼリーが、昔から人気を集めている健康食品というのも理解できます。

トップに戻る