メインイメージ

ワーファリンを服用中の方は注意しましょう

ワーファリンは、心臓や血管の病気のある人に処方されるお薬です。
心臓疾患や血管系の病気の患者さんが陥りやすい血液凝固を防ぐために利用されるのが、血液を固まりにくくするワーファリンという薬品になります。
皆さんご存じのように、ローヤルゼリーは、薬品ではなく健康補助食品なので、薬とは関係ないという認識の方が多いようです。

もちろん、処方箋のように副作用飲み合わせに決まりがあるわけではありませんが、唯一、配慮が必要なのが、このワーファリンとの併用です。
病気でない人は経験がないと思いますが、ワーファリンの処方の際は、その作用を弱めてしまったり、逆に強めたりする組み合わせがあることを医師から指導されます。
たとえば、風邪薬や痛み止めのような抗生物質を併用すると、ワーファリンの作用を強めます。

一方で、ビタミンKの入った物質(緑黄色野菜や海藻など)は作用を弱めます。
こうした疾患の治療に影響するものは、決して併用すべきではありません。
さらに日常生活では、アルコールや喫煙は、ワーファリンの効果に影響がありますので、控えましょう。
では、健康食品との組み合わせはどうでしょうか?ワーファリンは、納豆、クロレラ、青汁などに含まれているビタミンKと相性が悪く、効き目を打ち消してしまいます。

こうした具体的な症状への影響に加え、血液の流れが活発になることを避けた方が良いといわれています。
なぜなら、ワーファリンが、血液凝固を防ぐ作用を持つものだからです。
とすれば、ローヤルゼリーは、おのずと避けた方がいい食品であることはお分かりになると思います。

なぜなら、ローヤルゼリーは、自律神経やホルモンバランスなどの乱れを改善するもので、血液の循環を整える作用があるからです。
血液は、人間の健康をつかさどる重要なもの。
循環器と密接にかかわっているため、心臓や血管に何らかの疾患がある場合は、
健康食品による体質改善が、逆効果の場合がありますので、医師に相談することが最も安全です。

トップに戻る