メインイメージ

ローヤルゼリーの主な成分

ローヤルゼリーには、多くの栄養素http://clydesdalefitness.com/content.htmlが含まれています。
主に、タンパク質、脂質、炭水化物などの基本的な栄養素はもちろん、合計22種類にも及ぶアミノ酸を含んでいます。
アミノ酸は、食べ物から摂取するものを総称して必須アミノ酸と言いますが、ローヤルゼリーに含まれるアミノ酸のうち、9種類が、この必須アミノ酸なのです。
さらに、カルシウムや亜鉛、鉄、マグネシウムなどのミネラル成分、そして、ビタミンB群、E群、Kといった多様なビタミン群、さらにはデセン酸、パントテン酸などもバランス良く含んでいるのが特徴です。

つまり、人間の健康の発達、維持、促進に欠かせない栄養素ばかりなのです。
脂質は10%と低い数値ながら、こうした栄養素を豊富に含んでいるため、ダイエット補助食品として用いられる他、アンチエイジング、生活習慣病の予防などの幅広い健康問題に対応してくれる優れもの。
最も特徴的な成分としては、ローヤルゼリーにのみ含まれるとされる「デセン酸」です。
不飽和脂肪酸の一種と言われるデセン酸は、血中のコレステロールを抑制するはたらきがあります。

また、インシュリンに似た働きをすると言われており血糖値のコントロールを司ったり、女性ホルモンの成分に近い働きもあるため、
女性ホルモンバランスの乱れや更年期障害などの女性特有の症状に効果的です。
「パントテン酸」は、ストレスに対抗してくれる成分で、不足すると心身のバランスを崩します。

現代人は、食生活の乱れやストレスフルな生活で溜まったイライラ感や倦怠感を訴えることがとても多いです。
こうした生活習慣が、ホルモン異常を起こしやすい体になっていますので、そうしたストレス処理を司っているホルモン、つまり副腎皮質ホルモンの合成を助けてくれる効果があります。
不足すると、イライラや倦怠感、不眠などが起こるのです。
こうした多様な栄養素が注目され、健康の維持促進に限らず、代替医療や各種セラピーなどによる体質の改善にも用いられます。
世界中の女優やモデルが愛飲していることで知られているローヤルゼリーは、美容だけでなく万人の健康に恩恵をもたらす成分ばかりなんですね。
またローヤルゼリーのデメリットや注意点http://dayspasct.com/attention.htmlをしっかり調べてから摂取していただきたいと思います。

トップに戻る