メインイメージ

ローヤルゼリーの酵素分解したものの効果とは

ローヤルゼリーに興味があって、ネットなどで調べていると必ずと言って良いほど“酵素分解”という言葉を目にするのではないでしょうか。
ローヤルゼリーを酵素分解したら、どのような効果が見込めるのでしょうか。

一般的なローヤルゼリーは、たんぱく質が結合した状態をしています。
一方、酵素で分解されたローヤルゼリーは、たんぱく質がアミノ酸やペプチドの状態に分解されています。

ローヤルゼリーは、酵素分解したもののほうが、吸収率が良くなります。
一般的な結合しているローヤルゼリーも、体内に入れば分解されます。
そのため、最初から分解された状態で取り込んだ方が効率は良く、しかも身体への負担が少なくて済みます。
ローヤルゼリーを酵素分解することで得られるメリットとしては、まずは、アレルギーの発症を抑えることができる、という点です。

たんぱく質を分解しているため、体内の免疫系統が異物であると判断しなくなります。
吸収率もアップします。
ローヤルゼリーに含まれるさまざまな成分は、酵素分解により体内に取り込みやすくなります。

酵素分解されたローヤルゼリーを一般的なローヤルゼリーと一緒に摂取すると、相乗効果となり、より高い効果が望めます。
ローヤルゼリーは、いくつものメーカーから発売されていて、種類も豊富にありますが、効率の良さを重視するのであれば、酵素分解されているタイプを選ぶと良いでしょう。

トップに戻る